ホームページ制作において、コーディングをするとき、結構な頻度で使うであろう「float」のお話。