皆さんは、「Sleipnir」って知ってますか?


はい、そうです!
そこのあなた!正解です。

今のご時世、数多くのブラウザがひしめく中、今やそのシェアの拡大の一途をたどる一方の chrome(クローム) を始めとして、アドオンが充実しまくりで自分のようなクリエイターの多くが愛用しているだろうMozilla開発の Firefox(ファイヤーフォックス) とか、もはや、終了(笑)の声も高いシェア率では、まだまだ粘る IE(Internet Explore) などなど・・・

その中でも、「Sleipnir」は、フェンリルというところが開発しているウェブブラウザです。

スレイプニル(あってると思うけど…)って読むと思うんですが

そのフェンリルが、今年2013年の1月24日に、「Sleipnir」の最新版となる「Sleipnir 4 for Mac(4.0)」をリリースしたみたいです。本バージョンは、Slepnir for Mac において初のメジャーバージョンアップとなるんですね。(っていうのも、これまでこのSleipnirを使ったことがないもんで(汗))

で、いつもは chrome ちゃんをこよなく愛して使用しているのですが、今回たまたま、このSleipnirに関する記事を目にすることがあったので、ものは試しに使ってみようと思ったのです、はい。まあ、昔っからあったことぐらいは知ってたんですけどね・・・

WEBブラウザ【Sleipnir】

まず、触ってみた第一印象は

思ったよりも、

だめだめブラウザ特有のモッサリ感がない(少ない)

でした。

ちょっと前の Firefox なんて、本当にモッサリし過ぎて、使いもんにならない時期がありました。
そういうのもあってか、自分としては、シェア率の低いブラウザに対しては、そういうモッサリしているだろうな、っていう悪いイメージを持っているんです。

っていうのも、実際、シェア率が低い = 何かしらの理由で支持されていないってことだと思うんですよね。

アドレスバーが見つからない・・・

当たり前のように、いつもブラウザ上部に君臨するアドレスバーが見当たりません。

その代わりなんでしょうね、ありました、ありましたよ、右上に!

「検索バー」なるものが控えめに、そして更に控えめに、その「検索バー」の上に、URLが表示されちょります。

Sleipnir検索バー

なんか、Macの Spotlight みたいですね。

タブ機能がいろいろ

ウィンドウの上部に、開いているページのサムネイル画像が表示されてます。
その左端に、マス目のマークみたいなアイコンが有るんですけど、
それを押すと、こんな感じになりました。

Sleipnir - タブ機能

何やら、下にある程度の目的別に閲覧されたページがまとまっていくみたいです。

自分でもウィンドウをドラッグ&ドロップで変更できるみたいですね。まだ使って間もないんで、どういう定義でまとめられていくのかは、これから確認していくとして、いきなり「ソーシャル」ってとこに、すべて放おり込まれてたんで、

「なんじゃ、こりゃ?」

と思ってしまい、まあ、今の段階では、あんまり使うことはないのかな?って感じてしまいました。

というわけで、ぜんぜん細かいところを解説できてませんが(汗)
これから、徐々に使用機会を増やしていって使ってみようと思うんです、はい。

まあ、あくまで経験ですから。何事も経験第一ってね。

また、自分の中で発見があったら、この「Sleipnir」について書きたいと思います。

今日はこのへんで!

Tweet about this on TwitterShare on Google+Share on FacebookPin on Pinterest